PincheTakk

PincheTakk

32歳中年ピーターパン、世界旅行してきます

格安宿 ゲストハウスについて

前回は親友といった台湾旅行ですが、今回は親友が結婚してしまい遊んでくれなくなったため、親友の弟に鞍替えをすることとしました。
いや実際は元から仲よかった親友弟(訳あり)に急遽誘われただけですが。
年末どっか行こう、と言われたのが12月中旬だったためそれから飛行機と宿の予約をしなければいけなかったのですが、年末年始って飛行機も宿もどこもいっぱいなんですね。年末は10年以上、友人宅で友人と友人のおっちゃんらと飲む、という過ごし方しかしていなかったので知らなかったです。

今回はツアーとかではない貧乏旅行であったため、今後海外を安く旅行したいけどやり方がよく分からないといった人へ向けて、今回私が選んだゲストハウスという格安宿について簡単に書いておこうと思います。

とはいえ最近はバックパッカーも珍しくないですし、またLCCや民泊ブームで大体の人は知っていますね笑
そもそもこのブログを見てる人いないんでしたね、うっかり泣

格安宿について

私が外国で泊まる時は、下記のメリットがとても重要なので基本的にはアジアであってもヨーロッパであっても、ゲストハウスというタイプの宿を選びます。下に貼ってあるのは台南で泊まったゲストハウスです。台北のゲストハウスは、もっと綺麗で格好良かったんですが写真撮り忘れました。えへ

f:id:pinchetakk:20160105224459j:plain

f:id:pinchetakk:20160105224653j:plain

ゲストハウスとは

世界の旅行者の間では、比較的安価な料金で利用出来る、バックパッカーの利用などに主眼を置いた宿泊施設を指して使われることが多い。それらは、ホテルとは違い、部屋によってはトイレ、バスルームがない場合もあり、共用のものを利用する。

ゲストハウス - Wikipedia

と、ありますが最近はバックパッカーだけでなく友達同士での旅行などでもよく使われてきていると思います。また下記の通りカプセルホテルより安いので、私は就活で東京に行く時などにも使用していました。

良いところ
  • 値段は多くが、1000円/泊〜4000円/泊くらい。(東南アジアとかなら500円/泊とかもあります。まあまあ酷いですが。)
  • 共用スペースやバーがあり、客やスタッフとの交流が簡単にできる。(1人旅行でも寂しくない!本当に!必死な訳ではありません!!)
  • 共用キッチンがあり、自炊できる所が大半。
悪いところ
  • 写真のようなドミトリーと言われる2段ベッド複数構成の相部屋が基本。(男女別の部屋や一緒の部屋もあったりします。※個室がある宿もぼちぼちあります。)
  • セキュリティ面が不十分。(ロッカーが用意されている宿は多いですが、貴重品管理は悩まされます。)
  • 衛生面が不十分な宿も、、
  • ご飯は付いてないところが大半。
予約方法

国内で宿を探す際に多くの方が使われているであろう、じゃらんや楽天トラベルなどと変わりません。ゲストハウス専門のじゃらんのようなサイトから行きたい地域の宿を検索・比較し予約するだけです。私がよく利用しているのは一番有名どころのHostelworldというサイトです。日本語表示もあります。

www.japanese.hostelworld.com

上述のデメリットや私の微妙な写真を見て、これはちょっと、、と思った人も是非一度適当に検索してもらえればと思います。評価の高い宿の写真を見れば、想像より綺麗と感じるのでは、と思います。またレビュー項目も細かく分かれているので、”清潔さ”が低い宿は避ける、などといったこともできます。

私が3月くらいに出発する前にまた予約するので、その際に実際の予約方法は纏めてみたいと思います〜。まあ、”ホステルワールド 予約方法” などで検索していただければすぐわかるかとも思いますががが。
AirbnbやCouchsurfingについてもそのうち機会があれば纏めておこうと思います。まあ ”Airbnb 予約方法” などで検索していただければすぐわかるかとも思いますががが。

 

なお、今回私は宿探し開始が遅過ぎて台北の宿は全て埋まっていました。。ですので、”taipei hostel” や ”taipei guest house” などで検索して、直接メールを送っていました。まあそれでもダメだったのですががが。ただ、運良くメールを送った宿の一つが、うちは空いてないけどここの宿に聞いてみたら?と5つくらいの宿のアドレスを送ってくれたのです。で、そこにメールをしたところ、丁度空きが出ていたので何とか3000円/泊で泊まることができました。ほっ

広告を非表示にする