PincheTakk

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PincheTakk

32歳中年ピーターパン、世界旅行してきます

私が前の仕事(IBM)と今の仕事(無職)を選んだ理由について

はてなの今週のお題「今の仕事を選んだ理由」に乗っかっろうと思います。
飾っても仕方ないのである程度本音で書こうと思います。本音を書くと、あっ、こいつ結構がちなゲスの極み中年やん、ということがバレますが致し方ない。もとより自己満日記です。
f:id:pinchetakk:20160120172654j:plain

私が重きを置いていること

早速ダメな人間てことが露呈してしまいますが、仕事を選んだ理由を書く前に私の軸としてある仕事への考え方を書いておきます。

それは、出来るだけ働かず自分にとって楽しい事を優先したいと言うことです。

思えば、小学校の卒業文集の "将来の自分" のテーマでも、皆がサッカー選手やシェフ、サラリーマンになっているなど夢のあることや無いことを書いている中、私は南の島で釣りをしていると書いていました。
大学では働きたくない一心から大学院へ進み、働きたくない一心から大学院を休学し外国に逃げました。(いや、言葉のあやです。それ以外にもきちんとした理由は多少ありました。必ずきっと。)そのお金も働いて捻出するのではなく、第1種と第2種の奨学金を上限まで借りて捻出するという徹底ぶりでした。※まだ返済中です。。
ぶれない男ですね。

なぜ出来るだけ働きたくないか

仕事を通じての達成感や楽しさは当然あります。お客様に目の前で喜んでいただけると本当に嬉しいです。しかし私は働くことより遊んだりしている方が楽しく優先したいからです。それは実際に働き出す前でも後でもあまり変わりませんでした。
毎日2時間、3時間残業をしている人は結構多いと思います。3時間/日 残業をすると考えると、年間では残業をする人としない人で約720時間、1ヶ月分の自由に使える時間に差があります。その時間分働くことにより残業代が増えたり業務知識や技術も増えたりしますが、それ以上に私は自分にとって楽しいことをしたいという思いがどうしても強いのです。
あまちゃんですね。

前の仕事(IBM)を選んだ理由

上述したようなダメな考えを持ってはいたものの、自分のやりたいことだけやって食べていくだけの技術もお金もないので諦めて就職活動をしました。有休消化や残業は日本ではどこでもあまり変わらないだろうと当時は勝手に思っていたので、お金や安定性ではなく少しでも自分が楽しいと思えること、興味あることに近いことを仕事にしたいと考えていました。
その当時(今もですが)私は外国旅行が好きで、違う文化を持つ外国の人と話したり、その人たちが自分や自分が持っていた日本の物(ペンや携帯灰皿、ターボライターなど)に興味を持ったり、日本の技術や文化を褒めてくれるということがとても嬉しく、楽しかったです。
そうしたことへの興味から大学、大学院ともに研究は訪日外国人にスポットを当てていました。
就職に関してもそうした背景から、日本の物や文化の魅力を外国に伝えるような仕事は楽しそうと考え就職先を検討していました。

最終的にIBMにエンジニアとして入りましたが、その理由は上述したようなことが出来そうな会社に全部落ちたから、ですね。。
主には商社や訪日外国人向けの観光会社を受けていましたもんね。
けれど、IBMでは日本の物や文化の魅力を外国に直接伝えることはあまり出来なさそうですが、そうしたことを行おうとしている会社や人に対して、海外への事業展開やITソリューションといった側面から手伝うことが出来るのでは、と思い入社面談を受けました。
面談でも、上述したことをやりたいとずっと言ってましたね。

そういや二次くらいのプレゼンでは持ち時間10分のところ、別の会社と勘違いして5分で終わらせてしまいましたねふふふふ。。

今の仕事(無職)を選んだ理由

昨年末で退職しましたが、IBMでは金融系のアプリケーション開発や、基盤構築や保守などを行ってきました。
素晴らしい先輩やお客様、協力会社さん達と仕事ができ、とてもとてもとてもとても辛いことも多々ありましたが(笑)、楽しいことや満足感も多々ありました。
しかしこのままでは、どうしても自分が重きを置こうとしている生き方ややりたいことを実現するのは難しそうと思い退職することとしました。

残業自慢や有休非消化率自慢には参加しませんが(笑)、まずは社会人の間自分としては十分に出来なかった旅行を、3月から1年程本気で行いたいと思います。
その上で自分がずっと興味のある、日本の物や文化の魅力を外国に伝えるような仕事をどうにか自分で行いたいと考えています。

もっと今後についてはきちんと書こうと考えていましたが、疲れたので以下省略。

広告を非表示にする