PincheTakk

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PincheTakk

32歳中年ピーターパン、世界旅行してきます

アンナプルナBCトレッキング6日目〈フィンの受難〉

フィンは真面目な好青年。

 

先にMBCに着いた時は、オーナーと交渉し僕の部屋代も無料にしておいてくれた。

Shitheadというゲームをした時は、丁寧にルールを説明し、紙にまでルールを書いてくれた。

ABCに行った時は、前夜21時には寝て、朝は4時ぴったりに起きて僕とサイモンを起こしてくれた。

 

まさに真面目なドイツ人。

 

そんなフィンだが、6/7にはカトマンズから飛行機でドイツに戻ることになっていた。

時間が無い中でのトレッキング。

そのため6/3には高山病予防の薬を飲みながら、1日で標高1700mから3700mまで駆け上ったらしい。

ABCに着いたのが6/4の早朝。

6/5にはポカラに戻り、6/6にカトマンズへ移動したいらしい。

 

なかなかの強硬スケジュール。

 

ABCで撮った集合写真にフィンがいないのは、その頃には既に下り出していたから。f:id:pinchetakk:20160707043636j:image

なお、ガレンも写ってないが、それは彼が眠いと言って部屋に戻ったから。

 

くわえて、きっと時間的な問題だけでなく、真面目な彼にはこの不真面目なメンバーが合わなかったんだと思う。

僕は、フィンが先に下っていたことすら知らなかったので挨拶が出来ずに残念に思っていた。

 

きっとフィンはABCの滞在は一時間ほど。7時過ぎには出ていたと思う。

僕たちがABCを出た9時には、きっと彼ならMBCの次の村、Deuraliくらいまで余裕で着いているだろう。

 

なので、僕たちが重い腰を上げMBCへ向け下っている途中に、MBCから上ってくるフィンを見るとは全く思いも寄らなかった。

真面目な彼らしくなく、ABCに何か忘れ物をしたのかと思ったが違った。

 少しキレ気味に言う。

「ドイツ人はどこにいる?部屋の鍵、彼が閉めて中に入れない。待ってても帰ってこないから、取りに来た。」

 

あー、なるほど。。オーナーもマスターキーを持っておらずどうにもならなかったらしい。

いつも鍵なんか掛けないサイモンが、フィンに感化されたのか、珍しくきちんと鍵を閉めたが故の受難。

フィンは、まだ上の方でふらふらしてるブラックサイモンの所まで行き、鍵を受け取ると凄い勢いで下りていく。

 

結局お別れの挨拶は出来ず。

サイモンは笑顔で

「あいつ、なんか凄い機嫌悪かったな。」

と。

「うーん、そうだね。」

ごめんね、フィン。

広告を非表示にする